カリノイオリ@R.R.M.所謂『仮の庵』。東方系のイラストを積み重ねる予定です。

-----.-- --スポンサーサイト[スポンサー広告]

Time[--:--] Comment[-] Trackback[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2011-12.26 Mon思い返し[未分類]

Time[19:19] Comment[2] Trackback[0]
お久しぶりです。いろいろ思う事が有りました。
いつものようにネガティブです。
以下に続きますが、その所はご了承ください。



2011122401_2011絵師一年進化録syukusyou

2011年に描いた絵を月ごとに纏めてます。
ものすごくスキマが開いてます。
ギリギリ半分埋まるくらいかどうか。

結論から言うと、今年は全然描きませんでした。
筆を取ってもキャンバスに何も描けない日々が続いていました。
確かに絵自体は少し見栄えが上がっている気がするのですが、
きっと気のせいです。

絵を描こうとするごとに気持ちが沈み、
余計な考えや感情に縛られていました。

「こんな絵じゃ駄目だ」
「きっと描けない」
「きっと大したものも描けない」
「あの人々に比べると自分なんて…」
「自分にはできない」
「自分には何もない」
「今までから変われない」
「辛い」
「悲しい」
「無力だ」

そういったことに思い悩むことは暗く、寂しい。
足元から不安がにじみ出る感覚を何度も味わった。
それは、自分の心に押しとどめ淡々と腐らせるべきじゃなかった。
紙やキャンバスの中にぶつけていくことが活路だったのに。

自分は忘れていた。
絵を描いた時の達成感や、何より作り上げることの楽しさを。
自分は絵や漫画を上手くなるために描くんじゃなくて、
描いて、表現して、伝えて、何かを残したかったから描き始めたんだと。

そう言った事に気付くのはいつも終わった後で、取り返すことが出来ない。
思い悩むのは、2011年であってはならなかった。進まねばならなかった。
自分がこれから何かを表現できる時間は、刻一刻と減っていると言うのに。

新規キャンバス2さむね

「今年はpixivの投稿枚数100枚到達できるかな」
いや、到達しなければならなかった。
そうしなければ、自分が好きな事からすら逃げる人間だと証明してしまうから。
けれども、自分は逃げた。
何も積み重ねなかった。
何も残らなかった。

心に浮かんだストーリーや情景も、みんな破いて消えていった。
こんなんじゃだめだ、だめなんだ。
確証のない不安と否定が、足を進めることを止めさせた。
自分には出来ないというレッテルを貼りつけて、それを善しとした。
出来なくて当たり前なら、なおさらやらなければならなかった。
実行する前から不可能を盾にして逃げるのは、愚かしい。
イメージを形にできないのならば、それが出来るまで諦めてはいけなかった。

けれども、自分は簡単に諦めた。
諦めるという選択肢を、簡単に手にしてしまった。
一度でも選んだら、もう戻れないのに。
あの時必死にしがみ付いていた自分を否定する事なのに。
諦める事の味を知ってしまった。
その時点で道は潰えて、自分の心は死んでしまったのかもしれない。

何かに向けて頑張る人々の姿を見ては、焦っていた。
すぐに落ち込む自分に怒りと失望を覚えていた。
「人間誰だって落ち込む」
その言葉を知りながら、自分はまた落ち込んだ。
どうしても、自分を許せなかった。
許せない癖して、逃げる自分を見逃した。
自分を磨いて憧れに近づく小さな機会すら手放した。

新規キャンバス5さむね

絵を描くこととは何だろう。
漫画を描くってどういう事なのだろう。
それをひたすらに考えても、答えは出なかった。
出る筈が無かった。描いてないのだから。
何も遺さないのだから、導き出す可能性も無かった。

自分は何も遺せなかった。
それでも、のうのうと明日に進めるだろうか。
また同じ自分が続く明日に。

同じ様に後悔して、
同じ様に反省して、
同じ様に思い悩んで、
同じ様に絶望して、
同じ様に自己嫌悪して、
同じ様に失敗して、
同じ様に行動せず、
同じ様に嫉妬して、
同じ様に逃げていく。
今までが同じなら、明日も来年も同じだろう。

そういう想像をするのは楽だけど、楽じゃない。
悲観的になるたびに、苦難の道は続く。
少しでも自分を認め、自分から逃げないのなら…
それなら、少しは堕落し続ける自分を変えられるはず。
そう思いたい。思わなければ、本当に後悔するだろう。

んで、
2011122402_比較②サムネ

この比較画像を作った時、悲しい気分になった。
あの頃に比べて、進歩していると思ってしまった。
あんなに否定していた、進歩していないと思っていた自分が、
それでも進んでいた証拠に他ならなかった。
自分を一番諦めていたのは自分で、諦めていないのも自分だった。

自分が自分にチャンスを与えられるならば、
まだ諦めないで生きていこうと思います。
来年自分が遺す、まだ見ぬ作品のためにも。

[追記]
次の参加するイベントは、未定です。
参加するための自分を整える時間を下さい。
割とすぐになるとは思いますが。

それでは、良いコミケを。
よいお年を。
よい来年を。
スポンサーサイト
  


2011-12.26 Mon 22:39-[-]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 

2011-12.27 Tue 00:03-[-]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。